中級漢字レッスンをすると、ぐぐっとレベルあがります!

伝筆は、7つのコツを使って、自分らしく描ける筆ペン文字です。

その基礎を習うのには、たったの半日。90分X3レッスンで学ぶことができます。

初級レッスンを終わられると、自由に書いていただいて全然構いませんが~、皆さんがはたと考えるのが、

この漢字??? どうやって伝筆に変えたらいいのかな???

というお悩み。

もちろん、7つのコツを活用して、自由に書いていただいてよいのですよ~、とお伝えするのですが、

せっかく書くなら、もっと、もっと、かっこよく書きたい!

自分でも満足できる伝筆が描きたい! 

そんな皆さんには、中級レッスンをおススメしています。

中級レッスンは、漢字、ひらがな、アルファベットの3つに分かれ、それぞれをよりカッコよく書ける、

テクニックが満載!しかも、たくさんの作品を書くので、プレゼントにもできるような、素晴らしい作品を書けるコツも

学べてしまうのです!

 

ということで、今回ご参加いただいた4名様。

初級レッスンを受けていただいてから、すぐに!中級を受けたい!とご希望をくださり、その場で次のスケジュールを決定!

同じメンバーでのご参加となりました。(また、全ての作品をご紹介できないので一部のみ、ご紹介いたします)

   

 

ね~みなさん、とっても素敵でしょ~!

漢字(といっても、こちらは広東語ですが)それぞれをカッコよく見せるコツをお教えするだけで、

こ~んなに素敵な作品ができてしまうのです!

みなさん、なかなか上手になれな~い、と口々におっしゃっていましたが、いえいえ、全然!

充分、お上手になっていますよ!!!

 

ただ、一つ言えるのは、ご自分の伝筆を見る目がどんどん厳しくなっているので、

まだまだ~こんなもんじゃない~と思ってしまうんですよね~。

初級レッスンで、ハガキ作品をゆっくり、ゆっくり慎重に書いていたころを忘れてしまったかな???

あの頃と比べると、格段に書くスピードがアップして、伝筆の迫力が全然違いますよ~!

自信もってくださいね!!!

最後は、伝筆楽し~い、のスマイル、いただきました♡

次は、アルファベットレッスンですね~。

また、元気にお会いしましょうね♪

ご参加ありがとうございました~。

 

 

 

 

 

 

2019年7月16日伝筆#tsutefude, advancedlesson, kanjilesson, tsutefudehk, 伝筆, 香港伝筆

Posted by nakagawa