伝筆(つてふで) きっかけ編 その① その前にいろいろあったのです~。

いつ、どこで、なぜ?伝筆(つてふで)

レッスンの最初に、必ず、みなさんに聞かれる質問。

『麻紀子さんは、なんで伝筆をはじめたのですか???』

 

*私、実は、先生って呼ばれるの、あんまり好きじゃないんです~。

先生って呼んでくださるのは本当にありがたいのですが、

別に偉いわけでもないし~、先生ってなると、みなさんとの距離を感じてしまうような気がして。

全然、普通の人だし。

なので、名前で気軽に呼んでもらえる方がうれしいです♪

あっ後、余談ですが、同じ伝筆の先生同士を先生、って呼び合うのも好きじゃないかな~。

同志はお互い『さん』付けで。いいんじゃないかなぁと個人的には思うのです。

 

あっ全然話がそれました~。

 

私が伝筆(つてふで)を始めたのは、本当に、本当に、いろ~んな偶然が偶然を呼んだからで、

自分でもまさか、という流れで今に至っています。

すべてのきっかけは、夫の香港駐在の内示がでた、2016年6月。

香港行きがなかったら、絶対!と言っていいくらい、やっていなかった・・・かな。

 

当時の私、7月のワインのソムリエ試験に向けて試験勉強の真っ最中。

実は、その前の年に、チーズプロフェッショナルの資格を取り、この勢いなら~ソムリエ試験も受けられるはずっ!っと

大いなる野望をもって、ワイン学校に行き始めたのが、その年の3月。

ちょうどその頃は、会社で社内向けのワインセミナーの講師を務めることになり、

自社製品に関しては教えられるものの、ワイン全般の知識となると・・・。ヤバイ・・・。

 

そして、ワイン学校へ行き始めたものの、ワインの名前は頭に入らず・・・地名もすぐ忘れ・・・

毎週の小テストはいつも赤点。。。

本当に試験勉強に苦しんでいた時でした・・・。

夫は着々と準備を進めて、2017年の2月には、香港行きが決定し、

そして、私はというと、なんとかギリギリでソムリエ試験に合格できたのが、11月初め。

*2次試験は、本当に落ちたと思った💦くらい、危ない感じでしたので・・・。

 

やっと、そこで初めて、自分の香港行き、そして、どうするかを真剣に考え始めたのでした~。

 

長くなりましたので、続きはまた書きます。

 

2019年4月7日伝筆, 香港Lifeきっかけ, 伝筆, 香港, 香港生活, 香港駐在妻

Posted by nakagawa